悪徳霊能者として確定!

それは通勤帰りでした。新しい声の訪問者は唐突にやって来たのです。

ご除霊するなら仙台までいらっしゃい

遠隔霊視の結果が出てから3年が経過しようとしているのに

まだ縁を結んでいる様子なのです。

仙台までいらっしゃいという意味は遠隔霊視は

もちろんだが遠隔除霊では呪うと言う事とも考えられます。

他の声の訪問者によれば魂の部屋に霊道を埋め込まれて

遊びでどこでもドアとして使われているのだそうです。

遠隔霊視の依頼なのに家に3年も霊を押しつけて

霊障を起こして、呪いとしか言いようがありません。

直接メールで確認したTV番組のアンビリバボに出た仙台の霊能者に

1年前確認をとりましたが『呪ってない』と言っていました。

どう言う事でしょうか?儀式をしなければ

呪いではないと言いたいのでしょうか?

声の訪問者は言いました。

『未熟者のジジイだ!修行してないんじゃないか?』

『使役霊の心が霊能者の心を映し出しておる。相当歪んだジジイだ!』

各地に悪霊を送っているのは仙台の悪徳霊能者の霊団に間違いはないです。

特に都市部に送っている事はこの件で分かります。

仙台からの使役霊は言いました。
『この人についてくとどんどん都会から離れていくわ!早く離れないと!』
遊びたい霊能力者の霊が結果的に都会を霊的に荒らしているのです。

霊能者本人は呪わないと言っているからこそ

この現実が霊に使われて遊ばれている霊能者だと分かります。

数体いる仙台の女の使役霊は言いました。
『この人の霊運うんとさげてやりましょw』

『もっともっと顔にシワを作りましょww』

『あたし達の言葉で皆んなイチコロよ!

皆あたし達よりあたま弱いしwwまた言葉で操ってやりましょうよw

霊信も波長変えちゃえばホントの事なんか分かんないしw

あたし達より醜女なんて誰も信じないわよwwww』

またこの言葉から急激な老化の呪いへ誘導する主格の悪霊は

(他の霊能者の霊を悪霊にする様に促していた)

仙台の使役霊能者の使いである事が確信へ変わりました。

この事件により下北沢の霊能者に依頼した

仙台の霊能者の使役霊を祓って欲しいと言う

依頼は確実に失敗していたと分かりました。

お祓い代を返して欲しいですね。

出来ないならそう言えば良いのにと思います。